消費者金融の審査基準

消費者金融の審査基準は収入の多さよりも安定性

消費者金融を利用するとき避けて通れないのがお金借りる審査です。
これを通過することで初めてサービスを利用することができるため、非常に重要なポイントです。
では、その審査基準はどのようになっているかというと、それは各社違っておりそして公表されていません。
悪意を持って利用する人を防ぐためです。
ただし、その基準では収入が一つのポイントとなることは間違いありません。
といっても、多くの人々は年収の多さを基準にしていると思われがちです。
しかし、消費者金融はそこをあまり重視しておらず、収入の金額よりも安定性を重視している傾向が強いと言われています。
それは当然のことです。
数ヶ月・数年単位で返済していくことが多いのに、数ヵ月後には無職で無収入となってしまったら返済してもらえなくなる可能性があるからです。
なるべく全ての借金を返してもらうためには、長期的に収入を見込められる人物であることが収入の多さよりも重要となります。
そのため、審査基準では年齢に応じた勤務年数・転職回数などが重視されることが多いです。
勤務年数が長くて転職が少ないということは、それだけ離職する可能性が少なく、安定的な収入を得ていくと見られます。
また一つの会社で長く勤務していることは実直で約束を守る人といわれています。
俗に言われている社会的信頼が厚い人なのです。
そのため、消費者金融もそのような審査基準から利用者の性格を推察して可否を決定しているわけです。